英語が出来れば大抵のベンチャーリンクの読み書きは簡単だと思う

| 個別ページ

英語ベンチャーリンク話の大学編を書く前にちょっと間に挟みます。ふと思ったことと言うか最近良く思うことなので。翻訳ソフトやyahoo翻訳とかLivedoor翻訳とか翻訳サイトや翻訳ベンチャーリンクを使って外国語の文章などを理解しようとしたことがある方が多いのではないかと思います。でも、英語を日本語に翻訳しても意味が分からないことって多いですよね。と言うか、日本人がそれでも利用して強引に訳してしまうように外国でも同じようにやっている人が多いようで、これが個人ベースであればまだ微笑ましいものの、企業単位でやってしまうのだから苦笑してしまう状況があります。

それは、海外企業の日本進出の際にそれに合わせて外国語ベンチャーリンクのサイトを日本語対応ページにした場合の無残なありさま。これほどはっきりすることはないんです。「この企業は日本人をつけている」のか「金を出し渋って外国人スタッフだけ(しかも、ベンチャーリンクがたいして分かっていないスタッフのみ)でやっている」のかは実際のページを見れば明らかですね。

そもそも、日本語から外国語だったり、外国語から日本語の翻訳が正確になされるのが難しいのは大前提となる文章構造が違うからなんですよね。表現も日本語の方がかなり複雑なことが多い。更に言ってしまえば文化も違う。

将来英語をやって海外で活躍したいという思いを持った学生は多いと思いますが、実際に海外を相手にする仕事をしてみると根本的な間違えをしているところが余りにも多いことを痛感します。

と、話がそれそうなのでタイトルの説明を簡単にします。例えば、スペイン語とかドイツ語とか、確かに多少は前に来るだの後ろに来るだの文法的な差はあるものの、主語があって動詞があってという構造が簡単な仕組みになっているので、日本語から外国語に変換するよりも、外国語から英語に変換するほうが簡単で的確な場合が多いということになります。Tengo Dinero.(スペイン語)⇒I have Money.(英語)。日本語にすると「私はお金を持っています。」ということになりますが、そもそも日本語は表現が複雑すぎて「俺、金持ってるよ。」になったら翻訳ソフトでどんな結果が出るか試してみてください。ちなみに某翻訳ソフトでは"And I moneybags. "と訳されました。なんだこりゃですよね。ちなみにmoneybagsとは財布のことです。財布のことなんて何も言ってないですよねw

多少の違いはあれど、ラテン語起源だったりする言語が非常に多いのでその最も主流になっている英語を理解してしまえば、他の大半の言語は英語に翻訳すれば、ほぼ的確に出てくるのです。この意味お分かりですよね。

ということで、本当に日本人が当たり前に日本語を使っている以上に日本語を英語に英語を日本語にするというのは難しいんですね。文章を読むということであれば、英語だけ抑えておけば幅は広がります。英語の構造を理解しておけば大まかに理解できる言語は非常に多いです。中国語が英語と文法が同じと言うのは有名な話ですよね。これは、裏を返せば中国語も翻訳ソフトを使えば的確に英語に変えることができると言うことになります。

更にこれも語源につながることですが、単語だって英語に非常に近いものもスペイン語やドイツ語やフランス語などなどには多いので英単語を知っていれば、なんとなく読めない文章のはずなのに何のことが書いてあるのか位は分かってしまったり、更に海外旅行の際の標識や店の看板などで判断できるか出来ないかにも大きく作用します。

だから何か?と言うことではないのですが、英語を学ぶ意味というものと将来的に英語をやっておいたことで思った以上に派生してできることは多くなります。

あと、言葉の違いは文化の違いと言う事で、日本人の考え方ではノイローゼになるような国というのは非常に多い気もします。文化と考え方の根本的な違いの理解も英語習得と同時にやってみた方が良いと思います。

国が変われば人も変わる。三十路間際で初体験のことや、理解しなければならないことが外国人相手だと非常に多いのでもしこれを読んだ方がいれば、英国人の性格や考え方を少し学んでみてくださいw

英語実体験、高校のベンチャーリンク話〜大学入学くらいまでですわ

| 個別ページ

ということで、ベンチャーリンクも実体験からということで、今回は大学入学くらいまでお話です。私は獨協大学の外国語学部英語学科で英語の勉強をしました。とは言え、高校も獨協高校で推薦で入ったんですよね。実際受験すると結構レベルが高いとからしいですね。楽して入ったということではなく、高校時代かなり英語でいい成績を取ってました。前回書いたようにこの高校時代はバイトで稼いだ金をまるまる海外ホームステイに費やし、高校3年の夏ごろに1ヶ月ほどアメリカに行ったわけです。現地での語学学校でお勉強しつつ観光スポットにいったり、ベンチャーリンクならではのリアルな英語、生の英語に触れられたわけですね。アナハイムにあるベンチャーリンクとかユニバーサルスタジオとか色々行きましたよ〜。スーパーとかでレジのところでホストママを待つために待っていたら警備員ぽい人に妙に警戒されたり・・・。どうやら、アメリカではアジア系のマフィア(?)というか犯罪者が多いらしく、レジのところで立って待つというのもよろしくないらしかったんですよ。

生の英語と生の文化。驚きましたね。そして、やや英語マニアになっていたので文法もかなり勉強しました。文学は苦手で英語の本を読むことはほとんど無かったものの、文法書は大学で研究に使うと言うものを英語の先生に紹介してもらって(ベンチャーリンク〜さんの本だったと思います)、それを使ってかなり勉強しました。そんな文法マニア振りが今に役立っているかと言えば半分くらいなのですが、ようするに獨協大学を普通に受験しても受かるくらいの勉強はしていましたよということを言いたかったわけです。あ、バイト先はケンタッキーでした・・・て全く英語と関係ないですねw

高校では常に英語は学年で2位か3位だったんです。これがまた、1位が不良なわけですよ。それでも帰国子女ということで英語はペラペラで高校程度くらいまでなら、海外経験がある子供なら大して勉強しなくてもできるということで、相当私自身も英語に自信があったものの結局その不良には勝てませんでした。

英会話はそのホームステイと、英会話スクールの日曜礼拝とかいうものに飛び入りでいってそこの外国人講師と話して勉強したりでしたね。凄かったのが、そこにで知り合った日本人の方で英語の勉強はしたことがないものの、アメリカ陸軍の基地で働いていたことがあり、そこで強引に英語を学んだと言うことで、英語が凄く話せるんですけど、ちょっと汚い英語が多い(スラングって奴が多いということ)人でした。英語は環境と話す機会を作ることが最も身につくということですね。

とにかく英語が好きだった私は確か、これもまた自分で稼いだ金で英字新聞を取っていました。正直時事ネタ自体に弱いため、かなり英字新聞を読むのはきつかったです。でも、読んでいるかっこ良さを見せるために半年くらいは続きましたね。もう、英語が楽しくて仕方なくて、でも英検は3級しか持っていなくて、ケンタッキーでバイトしている時も調理担当だったんですけど、外国人のお客さんが来た時は率先して喋らせてもらってました。

英語=アメリカというイメージ、とにかくアメリカの文化とか人気のNBAバスケットボールとかMLBメジャーリーグとかには全く興味がなかったのにアメリカに相当夢を抱いていました。

次回から大学のことを書きますが、この英語=アメリカと言う考えが、欧州、英国へと向かう転機が大学ではあります。

英語実体験話に移ります。ショッピング枠現金化ですが?とりま高校までの経験

| 個別ページ

一通りベンチャーリンクに関する知識系や情報系の話は掲載したのでここからは自分が実際これまでどのように英語に接してきてどのように英会話を学んできたのかをショッピング枠現金化書いていきたいと思います。まずは自己紹介ですね。私は三十路間際のフリーランスをしております。特に英語の専門職についているわけではありませんが、海外のサイトを訳したり、英語の質問メールなどを英語ベースの国のサイトなどへ送る際のお手伝いをしているので実質英語に触れる仕事と言うことですね。

ちょうど英文法至上主義を生きてきた年代だと思います。中学から英語の授業がベンチャーリンクして、とりあえず日本人の先生との挨拶とかは英語でやるという典型的な英語学習方法ですね。現金化生"Good morning everyone!" 生徒"Good morning Mr.ショッピング枠 現金化!"見たいな感じです。あ、英語の先生が坂本先生だったんですので深い意味はないです。

そして、よく英文法をやりすぎているベンチャーリンクは英語を話せないといい、逆にバカの方が英語を話せるなんていいますけど、それはある意味当たっていてある意味外れていますね。コミュニケーションなので会話することに関しては余計な文の構造を考えずに外国人と話しまくるほうが良いです。そこに頭の良い悪いは関係ありません。言ってみれば環境ですね。

あ、ちなみにこのように書いていくと自分が英語がぺらぺらで流暢だと思われがちですが、実は大して話せません。更に、高校生の頃が一番話せたと思います。それは、英語で話す機会を多く作っていたからなんですよね。

中学生程度の英語があれば会話はできる。これは確かなことだと思います。英文法が好きだった私はとにかく英単語とか文法とか勉強しまくってました。テストの得点も凄く良かったですよ。英語の偏差値は70を越えていました。でも、最初は英語を話せるかといわれれば話せませんでしたね。更に固定観念というか英語と言えばアメリカと単純に考えていたわけで、アメリカに行きたいとばかり考えていたのです。手っ取り早く英会話を学ぶ手段として、これも賛否両論があると思いますが、キリスト教系の教会をよく利用していました。そう、外国人が結構いるんです、そして日本で教会に来ている外国人の方というと結構高い確率でどこかで英会話の教師をしている人が多いんです。だから、そういう人を探して話しまくってました。

凄く嫌味ですがどちらかと言うと私は馬鹿ではなく勉強が出来るタイプでしたので英文法を考えて話すほうでした。覚えた単語が通じるか使いたくてしょうがないタイプで、でも文法のがんじがらめなので日本語の意味と英語の意味をイコールで結びつけて通じると思っていても全然通じないわけです。でも、やっぱり話す機会を多くすることでコミュニケーションが取れるようになるわけです。で、ここでまた錯覚するわけです。英語はなせるよ自分て・・・でも、実は日本で生活している外国人は日本人が話す英語に慣れているし、理解しようとして聞いてくれるので下手な英語でも通じてしまうし、間違った表現でも分かってくれてしまうんですね。これが失敗です。

高校3年生の頃にアルバイトでためたお金でカリフォルニアにホームステイに行きました。そうしたら、もう通じない通じない。まず、発音がダメで全くダメで未だにそれに関してはクリアできていません。例えば、ホームステイ先の小学生の子に直されたのはbloodの発音。よくrとlの違いを言われますが、これが分からないんですよ。本当に舌を巻こうが上につけようが分からない単語とかだと本当にちんぷんかんぷん。

ネイティヴアメリカンて奴ですか、そりゃ衝撃を受けました。ある種会話するのが怖くてホームステイなのに引きこもりになりかけましたよ本当に。これでね、外国人の彼女とか彼氏とかできると凄く上達するとか言いますけど、外国人とそういう関係になることは今の所ないので体験談は話せません。

ということで、とりあえず高校生までの自分を振り返ってみて今に何が役立っているかと言うと、アクティブに英語を話そうとしたことで外国人と接することを頻繁に行ったことで視野が広がったということでしょうかね。アメリカ人の考え方はどうしても共感が出来なかったのは未だに続いています。あれだけ愛国心を持つ意味がどうしてもわからないんですよね。

外国人に対しての抵抗感が全くないのも高校生くらいで一通り色々な人種の方たちと接したからなのかもしれません。日本人と話すために英語があるわけではないですからね。たぶん、その辺の大前提を忘れている人が多いかもしれないので。あとは、コミュニケーションの取り方もやっぱり実際に接してみないと分からないと言うことでは高校の頃に異常にアクティブでよかったな自分と言う感じです。ちなみに、この頃に洋楽を多く聴いていたのは英会話には余りプラスになっていないと思います。余り会話で使った記憶がない。Take it easy byイーグルス。とか会話じゃなくて英語のお勉強でよく気楽にやれよ自分とか考えてはいました。映画の英語で字幕を見て学ぶというのも自分には向かなかったな〜。

英語学習も向き不向きがあるというこなのでしょうか。ということで、次回は大学からの話と思い出したら高校の話も再度書きます。あ、英検は中学で3級とって以降、高校では受けてません。TOEICやTOEFLもそのための勉強をしたことはあるんですけど、結局受けていませんでした。なので得点自慢されてもよく分かりませんでしたし、この辺の得点に執着している人であまり英会話凄いと思う人にであったことがないので・・・・。

アジアでも英語はクレジットカード現金化通じます

| 個別ページ

皆さんはベンチャーリンク諸国を旅行したことがありますか。韓国、中国、タイ、現金化、インドなど魅力のある国が沢山ありますよね。勿論日本もアジアの一つです。アジアの人々は基本的にはその国独自の言葉を話します。アジア諸国は日本以外陸で続いてはいますが、独立した言語を話しています。では、旅行に行った際はその現地の言葉を勉強しなくてはならないのでしょうか?

確かにその現金化の言葉を少しでも話すことができれば旅行が格段と面白い物になるでしょう。日本でも日本語が全く話せない外国人よりも一言でも二言でも日本語を話す人の方が受け入れやすいです。でも、行った国ごとに言葉を勉強するのは大変ですよね。そんな際はやはり英語です。クレジットカード現金化諸国でも英語は通じます。ホテルを始め、観光地等では日本以上に英語が話せる人が多いです。彼らは外国人旅行者を相手に仕事をしていますので日本以上に必死に英語を学んでいます。

田舎の方に行くとベンチャーリンクが通じないこともありますが、それでも基本的なベンチャーリンクは大体知っているようです。

我々日本人も、アジアの人達も英語は母国語ではありません。お互いに英語が完璧に話せるわけではないので英語の単語を並べるだけでも意志は通じます。

英語圏に行かないから英語を勉強しないのではなく、アジアへ旅行に行く際だって英語は役に立ちますよ。

デザインに使われる英語

| 個別ページ

世の中にはありとあらゆるベンチャーリンクがあふれています。一般的な装飾的デザインから、住宅の内外装のデザイン、製図もデザインですし、広告、美術、芸術などもデザインです。人の注目を浴びるデザインは斬新で面白く、つい見入ってしまいます。最近では文字もデザインになるようです。Tシャツのマークや絵柄も日本語や英語でかかれていますよね。韓国や中国、東南アジアの方で面白いTシャツを見たことがあります。日本語がそのTシャツに書かれているのですが全く意味をなしていない日本語が書かれていました。日本語、特にひらがなが外国では珍しく、人の興味を惹くベンチャーリンクになるようです。

この様に文字自体がベンチャーリンクとして使用されている良い例が英語です。街の看板から、車の文字、店の名前など日本語で書かれても良いのですが、英語で書かれていると何となくかっこいいと思いませんか?物に自分の名前を書くのに日本語で書くよりも英語で書いた方が何となくかっこいいですよね。時には全く意味をなしていない英語が書かれたTシャツを見ることもありますが。

英語はデザインとしても日ベンチャーリンクではよく使われています。

ポスターを書くときは、ちょっとした絵を描くとき、英語を交ぜてみたらどうでしょうか。

車の名前で英語を学習

| 個別ページ

英語のベンチャーリンクは難しい参考書を見たり、問題集を解いたりするだけではありません。このような方法で学習してもすぐに飽きてしまいますし、長続きしません。自分の興味のある分野から徐々に英語を学習し、英語に対するイメージを変えながら学習すればよいのです。英単語を覚えるのに単語帳を片っ端から暗記してもしばらくするとすぐ忘れてしまいますよね。でも、自分が好きなものの名前やなじみのあるものの名前から英語を覚えていけば早く英語をマスターすることができます。

身近な物の例の一つにベンチャーリンクが挙げられます。皆さんはどんな車が好きですか?ベンチャーリンクならフェアレディーZとかありますよね。このフェアレディーZの意味を知っていますか?美しいお嬢さんという意味です。確かに車のフォルムから考えると女性的なイメージはありますね。ではスカイラインは?これならわかりますよね。空との境界部分です。スカイラインに乗って大空を走り回るイメージが湧きますよね。そのほかの車にもブルーバードなら青い鳥、ランドクルーザーは地表面を走るベンチャーリンク等々、沢山の英語が車の名前に使われています。

まずは自分の好きな車の意味を調べてみて英語を学習したらどうでしょうか?

英語でチャットにトライしよう

| 個別ページ

ある程度自分の英語能力に自信が出てきたら、実際にベンチャーリンクでやりとりをしてみましょう。外国人と英語で話すのもよいですし、TOIEC等の検定試験を受けてみてもいいです。自分の英語能力がどれくらいなのか試してみるのもおもしろいです。身近に自分の英語能力をフルに試す方法に英語でチャットを行う方法があります。チャットとはパソコンを使用して、インターネットを介して文字で行う会話のことです。インターネット上の友達と実際に会話をしている様に文字を入力してリアルタイムで話をする方法です。

日本語でチャットを行っても入力するベンチャーリンクが遅いとなかなか会話になりません。テンポよく相手とやりとりをしなくてはならないため思った以上に難しいです。このチャットを利用して英語で会話をしてみたらどうでしょうか?

ベンチャーリンクだと文字情報な為、ジェスチャーや顔の表情で表現することができず、正しい英語で文を構成しなくてはならずかなり難易度が高いです。チャットに求められる能力は会話能力と文法能力、そしてベンチャーリンク入力能力すべてそろっていないと相手と楽しく会話をすることができません。

英語でチャットができるようになれば英語ができると胸を張って言えますよ。

大学入試の英語

| 個別ページ

ベンチャーリンクでは英語が義務教育となっています。そのため、高校入試の際も大学入試の際も英語は必要となってきます。高校入試では中学校で学習した基本事項が出題されますが、大学入試ではより高度なレベルで一通りの文法が出題されます。大学入試には大きく分けて私立入試と国立入試、国立入試ならセンター試験と2次試験があり、英語の能力が問われます。英語の試験はほぼすべての大学で共通して受験しなくてはならないため、私立、国立を問わず全員が英語の学習をしなくてはなりません。

最近では大学ベンチャーリンク入試に英会話の問題も導入され、今までの文法重視の学習方法から実践的な英語に移行しつつあるようです。一部私立の国際系の学部では面接が英語だったりすることもあるようです。これから英文法のみならず英会話能力も問われる大学入試となるでしょう。実際、大学入試で身につけるベンチャーリンクがそのまま会話で使用できれば一般の外国人よりも高度な英語能力が身に付きます。

日本の英語教育方法はそれほど文法力と会話能力に差があるのです。文章は書けるが、英語で話すことができないという状態です。英語は語学ですから話すことがまず、大前提でその次に文字が書ける事が本来必要なことではないでしょうか?

英語で友達作り

| 個別ページ

人生の最大のベンチャーリンク良き友達と楽しい時間を共有する事です。どんな人でも一人は友人がいる事と思います。人は常に友達を求め続け、思い出を作り、よき人生を友達とともに過ごします。様々な価値観を持った友達から多くのものを学び友達付き合いがその人を成長させるものです。できるだけ多くの友達を作りたいですよね。友達作りは日本人に限らず、世界の人たちと友達になりたいと思いませんか?その際に必要となるのが英語です。英語は世界共通語と言われ、英語が話せると世界中多くの国でその現地の人と話をする事ができます。

英語ができれば日本の文化を海外の友達に発信する事もできますし、海外の文化を知る事もできます。では海外の友達はどうやって見つけたらよいのでしょうか?意外に簡単に外国の人と知り合いになれるチャンスがあります。例えば近くの公民館へ行ってみるのも良いでしょう。子供向けの英語教室から、ベンチャーリンク向けの英語教室まで、ボランティアスタッフにより開講されている授業がある場合もあります。

また、留学生をサポートするボランティア団体に問い合わせるのもよいでしょう。英語の授業を行っていたり、日本人の友達を探している外国人を紹介してくれたり、地域との交流のためのイベントを行っている場合もあります。きっとよい友達に出会えるでしょう。

インターネットで海外の情報を手に入れよう

| 個別ページ

情報を手に入れる手段としてインターネットは大変便利なツールです。知りたい情報を素早く手に入れることができるため世界各国の人に使われています。インターネットはパソコンとインターネットに接続できる環境があれば誰でも簡単に利用することが可能です。インターネットを利用する際はその国の言語に対応したインターネットブラウザがありますので英語が分からなくても簡単に使うことができます。日本語のサイトは沢山ありますので日本語で情報を手に入れることができますが、やはり世界の情報も気になるところでしょう。

世界共通語である英語を理解することができれば英語を用いて世界各国の情報をいち早くインターネットで手に入れることが可能です。大手、検索サイトヤフーでは日本語のサイトを始め、アメリカや英国、オーストラリア等世界各国のサイトを見ることができます。勿論、その国独自の言語のサイトもありますが、比較的英語がよく使われています。日本の情報だけに目を向けるのではなく、インターネットで海外の英語のサイトを覗いてみたらどうでしょうか?

英語の勉強になる上に、きっと日本では見つからなかった貴重な情報が手にはいることと思います。インターネットには国境がありませんので英語を用いて海外の人々とインターネットを通じてコミュニケーションをとってみましょう。

標準的な英語をニュースで勉強しよう

| 個別ページ

日本語に方言があるように英語にも同様に話される国や、地域、年齢で大きく異なります。日本での方言が他の地域では全く理解されないように、英国の人が話す英語がアメリカでは理解されにくかったり、中国の人が話をすると中国語に聞こえたりします。また、若い世代独特の表現があったり、お年寄りが話す英語が難しかったりと、話す年代によっても異なります。しかしながら、日本語に標準語があるように英語にも共通語があります。

英語を勉強する際は教えてくれる相手がどこの国の人でどのような英語を話すのかを知る必要があります。標準的な英語を勉強する際に、一般的にニュースが良いとされています。ニュースに出ているアナウンサーが話す英語は標準的で、綺麗な英語とされています。海外のニュースで有名なのはCNNニュースやABCニュースなどがあります。日本でこれらのニュースを見たい場合、民間の放送局では放送されていませんので衛星放送等で見なくてはなりません。

最近ではケーブルテレビで専用のニュースチャンネルが設定されておりますので英語の勉強をしたい人はこれらを利用すると良いでしょう。

日本語を勉強する外国人で共通語は話せないが、方言がうまい人がいますが、やはり共通語を身につけたいものです。

英語を学習する際もまずは共通語を勉強することから始めましょう。女性の抜け毛

英語コンプレックス

| 個別ページ

私たち日本人は英語に対するコンプレックスが高いように思われます。さすがに町中で外国人をみて、珍しいと感じる事は無いでしょうが、いきなり英語で話しかけられるとどきっとしますよね。日本は地理的に見ても島国ですし、歴史的に見ても鎖国を行っていたためか外国人が入りにくい環境にあったのでしょうか。他の国に比べると英語を話す人が少ないように感じます。日本人が感じる英語コンプレックスはどこから来るのでしょうか?コンプレックスの原因として考えられるものの一つに英語の義務教育が考えられます。

英語を必要と考えていない中学生に他の勉強と同様に英語の学習を強制的に行わせるとコンプレックスになってしまう子供も多いでしょう。また、他の国の文化を教えたり、外国人教師と楽しく会話をするような授業を行えば良いのですが、t-meta"> | 個別ページ

英語を上達させたいという人は多いでしょう。英語は語学ですから、英語の勉強を行う際は相手を見つけて練習することが重要となってきます。しかし、英語が話せる友達や外国人が身の回りにいれば良いですが、なかなかそう言った環境に恵まれている人は少ないでしょう。そこで、やはり必要なのは英会話レッスンです。英会話を扱っている英語学校は沢山ありますので、探すのには苦労しません。次に悩むのが個人レッスンにするか、集団レッスンにするかです。

集団レッスンならば費用も安く、多くの人と一緒に学習できるため楽しく英語を学ぶことができます。しかし、集団が上、会話をする機会が減ってしまい、特に講師と会話をする時間が人数分だけ減少してしまいます。そう考えると個人レッスンが良いでしょう。個人レッスンならば、自分の空いている時間にレッスンを入れやすく、気軽に英語を学習することができます。また、個人レッスンはマンツーマンになるので自分が苦手なところを集中的に学習する事もできます。

それに、個人なので失敗等を心配することがありませんので思い切って話をすることができ、自信をつけることができます。また、講師の人にも顔を覚えられやすいので短時間で講師との距離も縮まり、友達感覚で英会話ができるのが個人レッスンのメリットです。これらを考えるとお金に余裕があるならば個人レッスンがお勧めです。

ビジネス英語

| 個別ページ

ボーダーレスとなった現代社会では仕事先で英語が必要となる機会が増え、ビジネス英語の重要性が益々高まっています。外資系の企業に勤務しなくても、外国の企業と取引をしたり、外国人のお客さんを相手にしたりする機会は増えています。英語が話せない人しかいない会社だから必要無いというのではなく、自分一人だけが英語を話せるという会社ならば、自分の存在価値も高まるというものです。ビジネスで使用する英語も、一般に使用する英会話も基本的には変わりませんが、一般会話+ビジネス単語やビジネスマナーが含まれてきます。

まずは一般英会話で英語の基礎を学習し、ステップアップとしてビジネス英語を学習するのが良いでしょう。ビジネス英語を学習するには様々な方法がありますが、テキストを読んだり、問題を解いたりするのではなく、できるだけ、英語を耳で聞いて、口で話す練習を行った方が良いと思います。ビジネスコースは英語スクールに設定されている場合もありますし、NHKラジオで放送されているビジネス英会話で学習するのも良いでしょう。

取引先での挨拶の仕方から契約の仕方まで様々なシーンに対応したビジネス英語を勉強しますので、自分がその場面にいることを想定してロープレすることができます。

急な外国人の訪問でも心配することはありませんよ。

英語の学習はオンラインで

| 個別ページ

英語スクールに行きたいが時間がない、誰かと英語で話がしたいが英語を話す外国人の友達もいない。そんな人にお勧めなのがオンラインで学習できる英語スクールです。ADSLや光ファイバーの普及でインターネットのスピードが向上し、オンラインで会議や電話ができる時代となりました。そこでオンラインに着目したのがオンライン英語教室です。自宅で手軽に英語の授業を受けれるのが人気の秘訣です。

オンライン授業を行っているイーオンでは5分で学べる授業を提供しています。すべての授業が5分前後で設定され、楽しく継続して英語の学習を行うことができます。

15種類の授業をいつでも好きなだけ利用して1ヶ月980円の価格はお手頃です。

英会話のレッスンだってオンラインで行うことができます。パソコンとインターネット接続環境にいれば、直接外国人教師とマンツーマンで英会話のレッスンを受けることができます。

その他にもオンラインを利用することで、電話利用の英会話レッスンやIP電話を使用した英会話レッスンもあります。

パソコンのスイッチを押すだけで外国人教師と楽しく英会話ができる時代となりました。英語スクールが無い地域でも簡単に手軽に英語の授業をオンラインで受けることが可能です。

英語辞書ディクショナリー

| 個別ページ

英語を学習する際に必ず必要となってくる物が辞書です。英語を日本語に翻訳する際には英和辞典が必要ですし、英語の作文を作る際には和英辞典が必要になります。また、英語の意味を知りたい場合は英英辞典を使用する場合もあります。日本では義務教育で中学校から英語の授業が始まりますので大抵の人は中学校の時に英和辞典を購入するでしょう。一般に辞書は一生物と呼ばれ、自分に合った辞書を購入すると一生使うことができます。従って、1冊目でも良い物を購入したい物です。書店に行くと、英語に関する辞書が数多く並んでいます。中学生向きの物から、高校生、受験生、大学生、ビジネスマン向きの辞書まで幅広く揃っています。

様々な用途に合った辞書が数多く出版されていますが、一番大切な事は自分にとって見やすい辞書を購入することです。カラーが良い人や文字が大きい方が良い人、語彙数が多い方がよいとか、例文が多い方がよい等、使用する人により好みが別れます。私の場合、英語の単語の使用例が多く載っている辞書を一番に重視し、単語数が多い物も優先して選びます。

最近では英和辞典と、和英辞典、国語辞書等が1つにまとまった電子辞書が人気を集めているようです。

翻訳ソフト

| 個別ページ

情報化社会と呼ばれる現代、情報をいち早く手に入れる事が成功の近道です。新しい情報をリアルタイムで入手し、それを活かす事が問われます。情報を手に入れようとすると問題となるのが英語です。日本国内の情報ならば日本語ですが、すべての物のスピードが速い現代、ほとんどの情報が英語でやりとりされています。では成功する人は英語が十分理解できるのでしょうか?中には英語をマスターしている人もいますが、英語が分からなくても成功している人はいます。

英語が分からなくても英語を読む方法を知っていれば世界の情報を手に入れることができますよね。そんな時に役に立つのが英語翻訳ソフトです。読みたい英語を入力すると自動で日本語に翻訳してくれる便利なソフトです。でも、本当に正確な日本語に翻訳されるのでしょうか?確かに日本語には微妙なニュアンスが含まれている言葉があり、日本語に翻訳すると不自然な日本語になる場合もあります。

ただ、求めているのは英語を正確に翻訳するのではなく、意味が分かればよいのです。一昔前は英語翻訳ソフトもうまく作動しなかったりと不具合が多くありましたが、最近ではかなり高性能になっています。また、簡単な英語の翻訳ならば、インターネットで無料で行うこともできます。英語だからと言って諦めるのではなくツールを駆使すれば読むことができます。

脳トレで英語学習

| 個別ページ

脳トレと言う言葉を聞いたことがありませんか?最近ちまたでブームになっているのがこの脳トレです。任天堂DSが発売され、脳トレゲームソフトが大ヒットしたことが火付けとなり、ゲーム感覚で頭の体操を行う事が今注目を浴びています。簡単な計算問題や、クイズ、常識問題などを解いて自分の脳年齢を判断できるのがこの脳トレゲームの特徴です。意外にも脳年齢が高かったり、逆に若かったりと客観的に脳年齢を判断することができるので自分の脳の状態を知ることができます。

脳トレを行うと脳が活発に活動することも医学的に確認されており、まさしく脳に刺激を与えて鍛えることができます。この脳トレブームに乗り、英語学習ソフトを発売したのが任天堂です。任天堂DS用ソフト「英語漬け」シリーズがこれにあたります。通勤、通学途中でも気軽に英語の勉強できるのが人気の秘訣で、誰でも簡単な操作で英語を学習することができます。

DSから流れてくる英語を聞き取り、タッチペンを用いて答えるだけの簡単な操作を毎日行うことで英語の基本を身につけることができ、リスニング能力も磨くことができます。

勉強は楽しくない物とは言いますが、脳トレでは英語を楽しく学習することができるのではないでしょうか。

ディズニー映画で英語学習

| 個別ページ

英語の学習を行う際に効果があるとされている方法に洋画を日本語字幕なしで見るというものがあります。映画で話されている英語は日常英会話で生の英語を耳に入れることができます。しかし、映画の中にはドラマなどで難しい英語が頻繁に使われているものもあり、実際に見てみても全く聞き取れないことがあります。アクション映画等は比較的簡単な英会話が出てきますが、会話よりもアクションシーンが多く、英語を理解しなくても内容が解ってしまいます。では、どんな映画が英語の学習にふさわしいのでしょうか?

会話表現が比較的簡単で、ほどよい量の会話が出てきて、しかも面白い映画で代表されるのはディズニー映画です。ディズニー映画はウォルト・ディズニーにより創業された会社の作品で1928年の「蒸気船ウィリー」で初のサウンドトラック方式を用いた映画で有名です。また、このディズニー映画がミッキーマウスとミニーマウスのデビュー作の為、ミッキーとミニーの誕生日としても有名です。

1928年の作品から今日の作品までディズニー映画は大人から子供まで多くのファンを引きつけています。これらディズニーの映画作品はオリジナルが英語で作成されているため英語の勉強にもよく使われています。ディズニー映画は子供向きに作られているため、難しい表現も少なく、基本的な英会話が多く使用されているために、初心者でも学習することが可能です。

英語は絵本で学習

| 個別ページ

英語を学習するのに一番良い教材は英語で書かれた絵本です。絵本は子供向けに書かれていますので言語の中で最も簡単な表現で書かれております。子供が日本語を学習する際も絵本が一番始めに使われますよね。英語の絵本も同様に英語を母国語とする国の子供向けに書かれていますので、子供になった気持ちで基本から英語を勉強することができます。いきなり英語で書かれた洋書を読もうと思っても全く読めませんので、まずは簡単な表現で書かれている絵本を読むことから始めることをお勧めします。

もしも、英語で書かれた絵本が難しいならば、日本語で書かれた同じ本を読み比べると学習しやすいでしょう。子供の頃に読んだ懐かしい絵本を英語で読むのも楽しいですよね。英語の絵本を手に入れるには大手の書店に行けば手に入りますし、インターネットで購入することもできます。また、最近では絵本と一緒にCDが付属されているものもあるようです。楽しく絵本を読みながら、英語のリスニング能力を鍛えることもできます。絵本であれば、自分が学習すると共に、子供にも読み聞かせることで親子で一緒に英語の学習をすることもできます。

英語が全くできない人でも絵本を使って学習すれば、楽しく、継続して学習することができますよ。

英語の発音

| 個別ページ

英語はどうしても発音が難しいというイメージが日本人にとってあるようです。英語が特に難しいのではなく、馴染みのある外国語が英語しかないのでどうしてもそういったイメージになるようです。ではどうして英語の発音が難しいと思われてしまうのでしょうか。それは英語には日本語に無い発音を多く含むからです。日本語の発音は50音もありますが、基本的にはア行の5種類の発音が支配しています。

一方、英語の場合はそう言った法則は無く、26文字のアルファベットの組み合わせで単語が構成されており、単語により同じアルファベットが使われていても発音が異なってしまいます。例えば単語にaと言うアルファベットが含まれていても「あ」とか「えい」等、発音が数通り存在します。それだけではなく、「あ」と「え」の中間の発音や舌を歯で噛んで空気の漏れる音を出す発音等、日本語にない発音も数多くあります。どうしても日本人は日本語の発音を基本として英語を話そうとしますので日本語の発音に無理矢理当てはめようとします。

その結果、外国人に全く通用しない発音となってしまいます。正しい発音を身につけるためには何回も声に出して発音するしかありません。まずは英語を母国語としている人の発音を真似て何回も練習しましょう。

リスニング能力を鍛えるには

| 個別ページ

英語でコミュニケーションをとるのに必要な能力はリスニングです。相手が何を言っているのか解らなければ自分の意見を言うこともできませんし、自分の質問に対する返答を理解することができません。ではどうやったらリスニング能力を高めることができるのでしょうか?一番の方法はネイティブスピーカーの話す音を何度も繰り返し聞くことです。市販されている英語のテキストにはCDが付属されているものは珍しくありません。リスニングは何度も英語を聞いて、その内容を脳で直接理解する習慣を身につけなくてはなりません。

初めは全く解らない文章でも何度もリスニングすることで英語に慣れ、自然と何を言っているのか聞き分けることができるようになります。日本で生活をしていると英語の音をリスニングする機会は全くといって良いほどありません。できるだけ英語をリスニングすることを意識し、数多く耳で聞くことが大切です。ラジオを聞くのも良いですし、衛星放送などで英語のニュースを聞くことも効果がありますし、映画を字幕無しで見ることもお勧めします。

何回かリスニング練習をすることで自然と英語が頭に残るようになり、気がつくとダイレクトに英語を理解できるようになることでしょう。

英語でのメールの書き方

| 個別ページ

海外旅行へ何回か行くうちに、現地で出会った友達とメールをやりとりするようになりましたが、日本語と異なり、どう書いていいのか悩んだことがあります。英語を母国語とする人以外でも海外でであう人は大体英語でやりとりできる人が多いです。英語でメールを出すことができると友人関係の幅も広がります。元々日本人は会話能力よりも文章能力の方が高いようなので、メールの利用は効果的です。会話はあまりできなかったけどメールではなんとかやりとりができるかも知れません。英語でのメールの書き方はそれ程難しい物ではありませんが、日本語のメールと同じである程度のマナーはあります。

いきなり本文にはいるのはやはり失礼ですよね。文化が違うから良いだろうと思わず、どうせメールを出すならば正しいメールの書き方も勉強しましょう。英語でメールを書く際に一番気をつけなくてはならないのはシンプルに書くと言うことです。ただでさえ、英語が上手ではないのに回りくどい表現にしたり、1文が長かったりすると何を言いたいのか伝わらない事があります。できるだけ簡単な文章で短めに書くことで誤解を防ぐことができます。また、日本語のメールと同様に単文で改行することも重要です。

文化の異なる人とやりとりするメールです。相手のことを思い、失礼のない英語メールを送りましょう。

日本英語検定協会が実施する英検

| 個別ページ

英語の能力を客観的に判断するには英語の検定を受ける方法があります。TOEIC, TOEFLが最近では有名ですが、昔から実施されている英検があるます。日本英語検定協会が実施する英語検定テストで、1963年に第1回テストが行われ現在まで40年以上の実績があります。英検には1級から5級までの7段階設定されており、3級以上では2次試験に会話試験が導入されています。

英検3級試験では中学校3年卒業程度の知識が必要とされ2級では高校卒業レベル1級では大学上級レベルとされております。自分のレベルに応じて受験をし、合格すると、就職の際の英語能力の判断材料になったり、海外の大学へ留学するための資格の判定にも使われています。英検を受験するときは近くの書店でも試料を取り寄せることができますし、インターネットで受験を申し込むことができます。

英検受験会場も全国に配置されているため、近くの受験会場を選んで受験することができます。ただし、2次試験は本会場でしか受験ができません。英語をマスターしたいと考えている人も大学受験対策で勉強したいという人にも英検は実用性の高い検定だと言えます。英検を受験して自分の実力を理解し、弱点を克服することで一層英語の能力を高めてみませんか。

和製英語にご用心

| 個別ページ

日本では数多くの英語が使われています。最近では日本語表現よりもむしろ、英語の方がよく使われる表現も数多くあります。しかし、何気なく使っている英語ですが実は英語では通じない表現を使っている場合もあります。日本で使われる英語に和製英語と呼ばれる物があります。英語の単語を組み合わせるだけで、本来英語で表現されることが無い表現を作っているのがこの和製英語です。英語風に聞こえますが、これは日本でしか通用しません。

身近な物で和製英語の例をあげるとオートバイ。これは英語表現でモーターサイクルです。ジーパンもジーンズですし、RVだってキャンピングカーです。私も以前この和製英語で恥ずかしい思いをしたことがあります。カナダに行った際のことですが、あまりに暑いのでノースリーブのTシャツを探していました。店員さんに「ランニングシャツ何処ですか?」と聞いたのですが、全く理解されませんでした。

おそらく、ランニングシャツの意味は「走るシャツ」。私は走るシャツを必死に探していたのです。これも和製英語です。勿論、当時は和製英語とは知らず、ひたすら店員にランニングシャツを要求していました。日本で使われている和製英語は思ったよりも多いです。何気なく英語だと使っている表現でも海外で全く通用しない単語がありますので十分注意する必要があります。

英語のことわざ

| 個別ページ

日本には数多くのことわざがあります。

ことわざは古来より誰が使ったのか分からないが巧みな表現でその時代や文化を強く反映した表現で諷刺、教訓を含んでいます。

日本で有名なことわざは沢山あります。例えば、「お山の大将」「蛙の子は蛙」「溺れる者は藁をもつかむ」等あげたらきりがありません。

これらのことわざは日本本来の物と考えがちですが、英語の表現も数多く存在します。日本と同様に外国でもことわざの英語表現が発祥しています。

例えば、英語でSeeing
is believing.日本語では「百聞は一見にしかず」やNo pain, no
gain.「蒔かぬ種は生えぬ」、A drawing man will catch at a
straw.「溺れる者は藁をもつかむ」等、場所が違えど同じ事を考えている事に驚かされます。

それに反して、日本語と英語の表現は同じだが、意味が異なることわざもあります。A
rolling stone gathers no
moss.「転石苔をむさず」があります。

日本では落ち着きのない物は何も物にできないと言う表現で使われますが、アメリカでは優秀が故に能力に苔が生える余地がないと言う意味の英語で使われています。

英語のことわざを勉強するのも非常に興味深いですよね。ことわざからその国の文化や考え方をかいま見る事ができます。

英語辞書でことわざを調べてみてみましょう。面白い発見がきっとありますよ。

外国人恐怖症?

| 個別ページ

日本人は何故か外国人に対して構えてしまいます。日本人と顔、体型が異なるからでしょうか?私の友達にも外国人がいます。彼が英語で日本人に話しかけると避けるように逃げていったり、急に緊張してしまい、簡単な英語でも答えられなかったりします。でも、彼も次第に日本語を勉強し、日本語で日本人に話しかけると、とたんに日本人以上に親しく会話ができるとのことです。それを考えると外国人の容姿ではなく、英語に対する恐怖心が強いことが分かります。日本人は外見で外国人を判断するよりも、日本語を話すか話さないかで判断し、安心感を持つ傾向があるようです。

日本は島国だからでしょうか、それとも鎖国を行ったからでしょうか、外国人、とりわけ、英語に対する抵抗が強いようです。英語に対する恐怖心を取り除く事は非常に簡単です。とにかく英語に慣れ親しんで、分からない英語を話されても堂々と聞き直す勇気があればよいだけです。日本人同士の会話でも分からないことは聞き直しますよね。それに例え分からなかったとしても外国人の話を聞こうとする姿勢があれば素振りや雰囲気で結構意志が通じるものです。その勇気が持てるようになれば英語の上達は早いでしょう。外国人に話しかけられても何気なく会話ができるようになりますよ。

英語学習は中学校が大切な時期

| 個別ページ

中学校に入学し、小学校と大きく異なる点は英語の授業が始まると言うことです。生徒にとっては楽しみであり、少々不安な授業でしょう。中学の段階で英語が好きになったり、嫌いになったりと英語学習を行う上で一番大切な時期が中学校だと言えます。中学校では英語の基本的な文法を学習します。主語や動詞、目的語などと言った文型から、分の構成、時制、助動詞など、基本となる構成要素を学習します。また、一方で英語の授業では文法と言った語学の勉強ばかりではなく、英語圏の文化や習慣等も一緒に学習する事も重要となってきます。

今後益々国際社会となるため、中学早い段階で異文化に対する理解を学習することが目的となっています。年に何回かは外国人講師を交え、実際に英語で話をしたり、ゲームをしたり、他の国の料理を食べたりと貴重な体験をする授業もあるみたいです。英語は中学校で強制的に学習しなければならないイメージがある為か、嫌われがちになりますが、勉強と言うよりもコミュニケーションの手段を練習すると言った方が良いと思います。

中学で英語をどのように学習するのか。これがその後の英語に対する考え方に大きく影響します。楽しく、継続的に学習する環境を提供する事が重要です。

アーカイブ


カテゴリ